INTERVIEW

社員紹介

LIFE STYLE

心がけているのは、
ユーザーファーストのシステム開発

石井 秀門

Shuto Ishii

オープン系共通基盤担当

Work Style

心がけているのは、
ユーザーファーストのシステム開発

Profile プロフィール

大手銀行に革新的なサービスを提供している実績に魅かれたと言う石井。さらに、会社説明会で聞いた、ソフィア独自の研修制度「銀行業務トレーニー」にも魅かれ入社を決意。オープン技術推進部に所属し、プログラミングやシステムテスト、スケジュール管理、協力会社との折衝など幅広い業務を経験。現在は、CRMシステムの大規模な更改プロジェクトに携わっている将来期待の社員だ。

Worthwhile 仕事のやりがい

若いうちから多様な業務を経験し、
スキルを上げていく。

入社して3年目の今、だんだんと仕事が面白くなってきています。担当プロジェクトに恵まれているというのもありますが、若いうちから色々な仕事に関わることできていると実感しています。入社当初は製造工程の業務、たとえばシステムのテストなどを担当していましたが、最近は設計、製造の他に管理業務なども任されるようになりました。管理業務は人によって異なる要望に対し、うまく折り合いをつけていくのが難しいです。スケジュール管理に関しても協力会社ときちんと擦り合せなければ、納期に間に合わなくなりますし。これらの業務を通して、仕事におけるコミュニケーションスキルは本当に重要だと改めて感じました。
まだまだ先輩から指導されますが、意見を取り入れながら開発スケジュールを作成し、その通りに開発が進んでいくと「やった!」と思います。もともと手を動かすのが好きだったので、管理業務は苦手と思っていましたが、やってみると楽しいです!

Project 担当プロジェクト

顧客情報を管理する
「CRMシステム」の更改。

銀行員の営業活動をサポートするCRM(Customer Relationship Management)システムを更改する大規模プロジェクトに参画しています。今回の更改では顧客情報をカルテのように蓄積したり、スケジュール管理をしたり、データ検索などをスムーズに行えるようにします。このプロジェクトで、私は基盤の設計・製造・試験や協力会社との折衝などを担当。基盤とは、システムを機能させるための土台のようなものです。この土台の上にプログラムを乗せて、実際にシステムを使用するユーザーの立場に立ち、いかにストレスなく使えるか試行錯誤しています。
少し話は変わりますが、ソフィアには「銀行業務トレーニー」という研修制度があります。これは実際に銀行員として働きながら、ユーザーの立場でシステムを体験するというもの。今手掛けているシステムはもちろん、自分が関わった案件をユーザーとして体験し、もっと質の高い仕事につなげていきたいです。

Reason 働きやすさの理由/

休暇を取得しやすい社風

休む時と、頑張る時の
メリハリが効いた職場。

ソフィアは本当に休暇を取得しやすい会社だと思いますね。しかも、年次有給休暇とは別の「特別休暇」の種類が多い。たとえば「連続特別休暇(5日間)」、これは社員の連休取得を推奨している制度であり、土日に休暇をプラスして最低4日間以上連続で休めるもので、仕事が調整できれば長期間の休暇を取ることができます。制度が“あるだけ”では意味がないと思いますが、ソフィアでは上司が「休暇取らなくて大丈夫?」と声をかけてくれるので全社的に休みを取りやすい雰囲気がありますね。また、休暇ではありませんが、私の部署では水曜日を早帰りの日と決めています。残業せずに「みんなで帰ろう!」と上司が働きかけてくれるんです。もちろん繁忙期やどうしても帰れない日もありますが、基本的には“帰る時は、帰る”“頑張る時は、頑張る”というメリハリがしっかりしています。そのおかげでサークル活動や趣味を楽しむ余裕があり、その経験や人脈が仕事に活きるという良いサイクルができています。

制度・福利厚生
Life Style ライフスタイルを見る

ENTRY

エントリー

エントリーはこちらから