INTERVIEW

社員紹介

LIFE STYLE

「新しい仕事に挑戦したい」
と言えば、
しっかり応えてくれる

小川 瞳

Hitomi Ogawa

CRM担当

Work Style

「新しい仕事に挑戦したい」
と言えば、
しっかり応えてくれる

Profile プロフィール

埼玉出身で、昔から埼玉りそな銀行のユーザーでもある小川。就職活動中、説明会でりそな銀行の「3時に閉まらない銀行」や「静脈認証」システムを開発した会社がソフィアだと知る。世の中の「あたりまえ」をつくる開発に興味を持ち入社。社内ネットワーク担当を経て、CRM(カスタマーリレーションシップマーケティング)担当へ異動。プログラミングや設計、要件定義までの幅広い行程に携わっている。現在は銀行統合に伴うシステム開発を担当。銀行と協力会社の間に入り、プロジェクトを進めている。

Worthwhile 仕事のやりがい

開発に携わったシステムのリリース。
その瞬間が、いちばんの喜び。

仕事でいちばんやりがいを感じるのは、携わったシステムが無事にリリースされる瞬間ですね。案件を進めていると、スケジュールの遅延を必死にリカバリーしなければならないこともあるし、テストでバグが見つかり慌てて修正することもある。その時は本当に辛いです。でも無事にリリースされたら嬉しいし、充実感を感じます。
今までで特に印象的だった案件は、銀行の方から「こんなシステムあったらいいな」と伺っていたシステムを実際にリリースした時です。当社には「銀行実務トレーニー」といって、銀行の店舗で実際にシステムを“使う人の立場”になり4ヶ月常駐し、その経験を業務にフィードバックする研修があります。そこで一緒に働いていた行員さんから「顧客情報を地図上にマークして、営業管理ができるといいなぁ」という話を聞き、ぜひ開発しようと思い持ち帰りました。そうしたら、自チームで既に開発を進めていました。「えっ!?」と、驚きました。もちろん、私も案件に参加し、現場のリアルな声を反映したシステムを作れたので、達成感はかなりあり、楽しかったです(笑)

Project 担当プロジェクト

関西地方銀行合併に伴う、
「データ移行・取込」に関するシステム開発。

関西地方銀行の統合プロジェクトに参加しています。そのなかで、私は各銀行が保有しているデータの移行と、新しいデータの取込に関するシステム開発に携わっています。もう少し具体的に言うと、銀行から受けたシステム要望を協力会社につないだり、協力会社から質問があれば銀行へお伺いを立てる。いわゆる“調整役”を担っています。プロジェクトの規模が大きく、折り合いをつけるのが難しい場面もあるのですが、根気よく向き合っています。なにせ自分から望んだポジションなので。
実は入社2~3年目頃、「もっと銀行さんとやりとりできる仕事がしたい」と自分から上司に相談したことがありました。上司はそんな私の気持ちを後押しし、要望を叶えてくれました。ですから、精一杯やっていきたい。クリアしなければいけない問題はまだまだありますが、弱音は言ってられません(笑)

Reason 働きやすさの理由/

連続特別休暇

休むと褒められ、
休まないと怒られる会社。

私は旅行が好きなので「連続特別休暇」という制度があって助かっていますね。この制度は、1年中いつでも5日間の休暇を取得できるというもの。土日と合わせて最低でも4日間連続で休暇を取ることを義務づけられています。休むことが義務なんですよ(笑)当社は休みを取ると褒められて、取らないと怒られます。一人最低でも「年間14日は休みを取る」という目標があって、達成率は高いですね。
私は休暇を利用して夫とよく熱海へ行っています。もう20回以上は行きましたね。海をぼーっと眺めて、温泉でのんびりして、美味しいものを食べて、キレイな夜景を見る。大人の旅行ですね。ポイントは平日に行くこと。その方が断然安いんですよ(笑)

制度・福利厚生
Life Style ライフスタイルを見る

ENTRY

エントリー

エントリーはこちらから