INTERVIEW

社員紹介

LIFE STYLE

思いや意志をつたえ、
システムをつないでいく

清水 翔基

Shouki Shimizu

口座振替担当

Work Style

思いや意志をつたえ、
システムをつないでいく

Profile プロフィール

学生時代は金融業界を目指し就職活動を行っていた清水。「モノづくり」をしたいという思いから、IT に目を向け、金融IT企業を探していたところソフィアと出会う。形式的ではなく、会話しているような面接の雰囲気が他社と違い、入社を決めた。その時に感じたポジティブな印象は現在も変わることなく、壁のない上下関係を築ける職場だと言う。入社後は口座振替システムの開発に携わる。2018年から新人社員のトレーナーを任され、後輩を指導中。案件リーダーとして活躍する一方、オフショア推進プロジェクトチームの開発推進を担当し、仕事を委託する海外オフショアとのパイプ役を務めている。

Worthwhile 仕事のやりがい

ただ作るのではなく、考えて作る。
それが、いいモノづくり。

当たり前のことですが、システム開発ではお客様にとってベストなモノづくりを心がけています。お客様の要望を伺い、仕様を考え、工夫を重ねプラスαの提案をすることもあります。ですから、システムが完成してお客様から「使いやすくなった」という言葉をいただくと嬉しいですね。
今でこそ設定の工夫や、システム改善のアイデアを出せますが、新人の時は目の前にある作業を必死にこなすことで精いっぱいでした。変わったキッカケは、案件の全体像や目的を理解できるようになったからです。全体を意識しながら取り組めば、一つひとつの作業が線でつながり、必然的にその後に求められる作業も見えてくる。それ故、工夫したりアイデアを出すことができます。今、新入社員のOJTトレーナーを任されているので、全体像や目的を伝えることを意識的に行っています。
これからは、もっと質の高い提案や開発をしていきたいです。そのために業務に最新技術を取り入れていきたいと思っています。たとえば、AIもその1つ。単純なプログラミングやデバックをするAIプログラムをつくれば、今の仕事がかなり効率化されるはずです。時間を有効活用し新しいシステムの開発や、アイデアが必要な仕事をしていきたいですね。

Project 担当プロジェクト

企業から持ち込まれるデータを
銀行システムに伝送する仕組みの開発

銀行には、さまざまな企業から売上伝票や請求書などのデータが送られてきます。最近はインターネットでのデータ送付が一般的ですが、セキュリティリテラシーの高い企業はDVDやCD-ROMなどの媒体にデータを焼いて持ち込みます。銀行側は持ち込まれた媒体を読み込み、形式の異なるデータを処理し、銀行のホストコンピューターに伝送します。
現在、私はこの「データを伝送する仕組みの構築」に携わり、案件リーダーとしてプロジェクトの進捗管理やシステム設計、協力会社との調整業務などを行っています。本プロジェクトにおいて肝になるのが〈持ち込まれたデータの処理を行うシステム〉と〈預金勘定などを行うホストコンピューターのシステム〉の連携です。それぞれのシステム担当にプロフェッショナルはいますが、双方のシステムに精通している人はほとんどいないので問題が発生することもしばしばあります。たとえば、専門用語の認識のズレによって、開発に影響を及ぼす場合があります。幸い、私はこのふたつのシステムを経験しているので、それを活かし、双方を推進する橋渡し役になっていきたいです。

Reason 働きやすさの理由/

多彩な休暇制度

休暇を取りやすいから、
自分の「好き」に没頭できる。

ソフィアには多彩な休暇制度があります。まず、年次有給休暇。一般的な企業にもあると思いますが、当社は入社1年目に16日、2年目以降は20日が付与されます。年次有給休暇とは別に連続特別休暇(5日間)や、創立記念休暇(0.5日)というものもありますね。休暇の使い方は旅行に行ったり、講座に参加したりする同僚が多い気がします。私はバンドサークルに所属しているので、ライブが近ければスタジオでの練習に使います。例年、夏に連続特別休暇と年次有給休暇をくっつけて、長期休暇を取得しています。実家が茨城なので、帰省と併せてROCK IN JAPAN FESTIVALという野外音楽フェスに行きます。なんか、休暇の使い方が音楽ばっかりですね(笑)

制度・福利厚生
Life Style ライフスタイルを見る

ENTRY

エントリー

エントリーはこちらから