WORKING
ENVIRONMENT

働く環境

田中丸 拓馬 尚世

同期入社で結婚した田中丸夫妻。 4歳、2歳、6ヶ月の3人の子どもがおり 夫婦で家事や育児を分担しながら勤務。

田中丸 拓馬

Takuma Tanakamaru

システム運用管理担当

田中丸 尚世

Hisayo Tanakamaru

システム基盤担当

WLBケース紹介

育児休職の同時取得で、
「2人で子育て」と「資格試験合格」を実現!

  • 1人目:妻だけ育児休職、短時間勤務
  • 2人目:夫婦で育児休職、妻は短時間勤務、夫は育児フレックス
  • 3人目:現在、夫婦で同時に育児休職を取得中
Q1.

夫婦で同時に育児休職を取得した
きっかけを教えてください。

【拓馬】
1人目の時は、ソフィアにまだ男性の育児休職取得者はほとんどいなくて、ちょうど忙しいプロジェクトに加わっていたこともあり、妻だけ取得しました。その2年後、2人目が生まれたときは男性の育休取得者も増えていたので、自分も生後3ヶ月のタイミングで3ヶ月間の育休を取得しました。

【尚世】
2人目が「ママじゃないと嫌」という子で、私がかかりっきりになってしまったんです。上の子の保育園の送迎や家での世話は全部夫がしてくれたようなもの。ひとりではとても無理だったと思います。

【拓馬】
子どもが保育園に通うようになり妻は短時間勤務で復帰したのですが、必要に応じてお迎えなどに対応できるよう自分も育児フレックス制度を活用し始めました。今は3人目の育休を2人同時に取得中です。おそらく、妻だけが育児休職を取り、夫は短時間勤務やフレックスで育児を手伝いながら仕事を続けるというのが一般的に多いケースかと思いますが、ソフィアはむしろ「男性も育児休職ちゃんと取ってね」という風土なので夫婦そろって取得しました。自分もしっかり子育てをしたかった、というのも大きな理由ですね。

夫婦で同時に育児休職を取得したきっかけを教えてください。
Q2.

育休中である現在の生活はどのようなものですか?

【尚世】
上の2人を同じ保育園に預けることができず、送迎は2ヵ所を回らないといけないので、朝食、着替え、準備を終えたら夫が送っていきます。その間、私は3人目の世話をしながら家事をしています。

【拓馬】
保育園に送った後は資格取得の勉強をします。昇進要件にもなっている、情報処理技術者の資格や銀行業務検定です。キャリアパスとして、「10 年目にはこの資格を取って、このポジションを目指す」という指標があり、自分もそれを目標にしています。

育休中である現在の生活はどのようなものですか?

妻も同期入社で年次は同じなので、一緒に資格取得を目指しているところです。2人目の時は、私も妻も育児にかかりきりになり、とても余裕はなかったのですが、今回は育児もしながら時間を確保し勉強をしています。休暇中に資格を取ることで、育休復帰してからの昇進だけでなく仕事のレベルアップにもつながるので、一石二鳥と思って頑張っていますよ。

【尚世】
上司からは「短時間勤務で昇進する人もいるから頑張って」と言われています。なかなか難しいけど、頑張るつもりです(笑)

【拓馬】
とはいえ、メインはやっぱり子育て。資格勉強のあとは買い出しをしたり、家に戻って家事をしたり。夕方には保育園にお迎えに行き、あとは子どもたちと遊んでいる日々ですからね(笑)実は自分の父親は仕事が忙しく、幼少期に遊んでもらった記憶がほぼないんですよ。だから、今しかないこの時期を一緒に過ごせること、毎日家族でごはんを食べられることが本当に嬉しいですね。家庭での生活そのものが充実することで、仕事に対する姿勢や考え方が前向きになると思います。

イクボス宣言など、ワークライフバランスに積極的に取り組んでいますね。

家族旅行にて。一緒に過ごす時間を大切にしたい。

Q3.

働き方で“ソフィアならでは”と感じることはありますか?

【尚世】
ママ友と話をすると「システム会社で育休って取れるの?しかも夫婦で?」と驚かれます。システム会社というと、忙しくて、残業も多くて、休みも取れない…というイメージがあるみたいで。中にいると当たり前と思ってしまいますが、そう言われると、当社は子育て世代が働きやすい制度が整っていて、昔から女性が多い会社なのでみんな積極的に制度を使っているし、ソフィアって進んでいるのかも?と改めて思いますね(笑)

【拓馬】
育休とか育児フレックスとか、制度として存在する会社はたくさんあっても、社員がそれを「本当に利用できているか」が重要だと思います。ソフィアは利用して当たり前という社風だし、会社も「こんな制度があるよ」と教えてくれます。

働き方で“ソフィアならでは”と感じることはありますか?

【尚世】
例えば、子どもの予防接種で病院に行かなければならないからと有給休暇の申請をすると、「数時間で済むのなら“時間給休暇”で対応できるから、丸一日の有給休暇は取っておいて、休みたい時間帯に休んだら?」と。社員は意外と制度の細かい内容は把握してないですからね(笑)同僚や先輩にもよく教えてもらいますし、人事が「制度を使ってもらって、もっと改善していきたい」という思いがあるから、本当に利用しやすいです。“対話会”という、社員と人事、社長が様々なテーマで対話をする会があるのですが、私が参加したとき直接社長に育児世代の意見を伝えられる機会がありました。こういう場があるのもありがたいですし、その意見が制度に反映されている実感もあります。社外でソフィアの働き方を話すと、たいてい羨ましがられますよ(笑)

働き方で“ソフィアならでは”と感じることはありますか?
  • Time Schedule _ 1日のスケジュール

  • 7:00

    起床。早く起きたほうが朝食を準備し、遅いほうが子どもの着替えを手伝います。

  • 8:30

    食事を終え、着替えた子ども2人を夫が保育園へ。その後、自宅と保育園の間にあるファーストフード店で資格勉強スタート。

  • 12:00

    家に戻り昼食。3人も子どもがいると誰かひとりが熱を出して、保育園を休むこともしょっちゅうです(笑)

  • 16:30

    保育園へのお迎えから帰宅。夫が子どもと遊んでいる間に、妻は夕食を準備します。

  • 18:30

    入浴。今は夫が上2人を、妻が3人目の相手をすることが多いです。

  • 19:00

    夕食。みんなで囲む食卓は賑やか。育休前は一緒に食べることが難しかったので幸せです。

  • 20:30

    子ども3人の寝かしつけはちょっと大変。家族そろって21時前には一緒に寝てしまいます(笑)

Time Schedule 1日ののスケジュール

ENTRY

エントリー

エントリーはこちらから