WORKING
ENVIRONMENT

働く環境

柳迫 夏子

短時間勤務制度
(8:40~16:40の7時間勤務)

柳迫 夏子

Natsuko Yanagisako

外国為替担当

WLBケース紹介

時短でも自分を磨く、
ソフィアだからできること

  • 2016年11月に育児休職取得。
  • 2018年5月復帰。短時間勤務制度利用(7時間勤務)
Q1.

育児休職を終えて仕事復帰。
現在の働き方について教えてください。

今、育児休職を終え仕事に復帰してちょうど2ヶ月になります。休職前と同じポジションで復職し、現在は7時間の短時間勤務制度を利用していますが、まだまだ試運転という感じです(笑)ソフィアは、女性社員も多いし、男性社員でも育休を取る人が多い環境なので、とても利用しやすいです。私は、産休・育休の前に有給休暇も消化したので 、それぞれを合わせて1年半のお休みを頂きました。
誰でもそうだと思いますが、慣れない育児と仕事の両立に不安があり、復職前にメールや電話で上司と連絡を取り合い、復職後について相談しました。幸い、夫は「何ならフルタイムで復職してくれても大丈夫だよ」と言ってくれるほど育児に積極的な人で、最初は 6時間の短時間勤務で復職する人が多いのですが、仕事に早く慣れるためにも私は7時間にしました。子どものいる生活と、責任あるポジションでこなさなければならない仕事との調和を考えた結果の選択で、今の自分にちょうどいいと感じています。

育児休職を終えて仕事復帰。現在の働き方について教えてください。
Q2.

復帰した後、仕事や心構えに変化はありましたか?

現在私は、外国為替担当でPMO(Project Management Officer)として仕事をしています。PMOとは、プロジェクトで進んでいるいくつかの開発案件を横断的に調整し、進捗管理していくのが主な役割。例えば、開発を一通り終えた試験のフェーズにおいては、その進捗を管理したり、不具合が起きた時の原因を究明したり、試験内容そのものが良かったかなど、分析や評価を進行しながら全てを期限内に納めることまでを管理する仕事です。短時間勤務で残業もできない、限られた時間の中では厳しい時もありますが、上司をはじめ周りのサポートのおかげもあって責任を果たすことができていると思います。ただ、時間の使い方や効率的なやり方は、以前より強く意識するようになったかな…と。チームには若いメンバーも居て、「終わらなかったら明日でもいい、残業すればいい」と考えてしまうこともあるのですが、そういう時は、「どうすれば効率的に終わらせられるかな」と一緒に考えることで、安易に時間を延ばすことを減らしていけるようにしています。周囲へ声をかけたり、後輩たちのサポートをしたり、ソフィアという恵まれた環境にいるからこそ、支え合うことの大切さと自らの成長を忘れずにいたいですね。

復帰した後、仕事や心構えに変化はありましたか?
Q3.

女性として、母として、1人のビジネスパーソンとして、
今後の抱負を聞かせてください。

入社後3年はプログラミングを中心とした開発担当でしたが、入社16年を経て、現在はPMOとしてプロジェクトをマネジメントする仕事が多くなり、着実にステップアップできていると感じています。ですので、もっとマネジメント能力を身に付け、上を目指していきたいという気持ちはあります。ソフィアには女性管理職も多いですし、短時間勤務でも昇進している人はいるので、イメージもしやすい。だからといって、まだ子どもは1歳ですし、仕事の比重を高めていく、というのも違うと思っていて。家事や育児など、子どもの成長に伴う生活の変化に合わせて、今後はフレックス勤務制度も利用し、上手く生活を充実させながら仕事にも循環させていけたらいいと思います。ただ、もし周りに女性管理職が誰もいない職場だったら、今みたいに前向きに上を目指す、という気持ちになれたかどうか、そこまでの自信はありません(笑)ソフィアには前例となる女性社員がたくさんいるし、環境も整っているから気後れせずにチャレンジしてみたい、と言えるのだと思います。もともと、仕事は好きですしね(笑)

女性として、母として、1人のビジネスパーソンとして、今後の抱負を聞かせてください。
  • Time Schedule _ 1日のスケジュール

  • 5:30

    起床。身支度を整えて、朝食の準備。

  • 6:00

    子どもにご飯を食べさせつつ保育園の準備。朝食が終わったら連絡帳を書いて出発の準備。

  • 8:40

    出社。今日のスケジュールと進捗確認。朝いちに必ずやるのは、退社までにやりきる作業の洗い出し。

  • 9:00

    1日の作業と流れを担当者間で確認。サポートが必要なものはないかヒアリング。

  • 12:00

    同僚と昼食。先輩ママが多いので子育てのちょっとしたことも相談しやすい。

  • 15:00

    進捗に遅れがないか、予定外の事態が起こっていないか声掛けしつつ状況把握。

  • 16:40

    時短勤務のため業務終了。周りは「大丈夫?時間間に合う?」と言ってくれるから、心置きなく退社。

  • 18:00

    途中で夕食の買い物をすませて帰宅。今日のお迎えは夫が担当。2人が帰宅するまでに手早く料理。

  • 22:00

    食事や入浴を終えて一段落。翌日の食事の準備をする日もあるけれど、たいていは子どもの寝顔を眺めつつ就寝。

Time Schedule 1日ののスケジュール

ENTRY

エントリー

エントリーはこちらから