EDUCATION・CAREER

教育・キャリア

入社後の研修内容や、
キャリアステップについてご紹介します。

教育制度の考え方

社員の成長は会社の成長であると考え、人財の教育に力を注いでいます。
会社が行う各種教育訓練と、社員が自ら行う自己啓発による能力開発全般 の活動を軸とし、次の3つの要素で研修を構成しています。

新人教育制度

入社後4ヶ月間でヒューマンスキルやシステム開発の基本的な知識を習得します。配属後はOJTと、オープン系およびホスト系の実践的な研修を通じ、更なるシステム開発力向上を目指します。

 Scroll 

プロフェッショナルに向けての取り組み

システム開発力業務知識ビジネスマインド」の向上を目的とした 研修を用意しております。
その中でも特徴的な研修と、各キャリアに求められる役割をご紹介します。

 Scroll 

若手層

中堅層

管理職層

上位職が定めた計画、企画に基づき、目標を定め業務を遂行し、自分自身が成長することで、組織の成長を促す。

プロジェクト毎に納期、品質等の業務計画を描き、その実行に責任を持つことができる。
担当するプロジェクトの下位職がOJTを通じて成長することに責任を持つことができる。

大規模もしくは相当する複数のプロジェクトに対して、プロジェクト毎に納期、品質等の業務計画を描き、その実行に責任を持つことができる。
部門内のメンバーの健康状態、コミュニケーション等に気を配り、組織を活性化する。

特長的な研修

オープン系実践研修

銀行実務トレーニー

イクボス研修

オープン系システム開発の知識を身につけるため、基本的な設計手法・開発手順について学びます。
その後、設計〜試験に必要な技術・開発手法を、実践的な研修を通じて習得します。
最後に研修の集大成としてオープン系開発の実践的な演習を実施します。

入社4年目以降は、実際に銀行の店舗で4カ月間、銀行員として働くことができる、「銀行実務トレーニー」制度があります。
実際の業務を体験しながら「使う人の立場」を理解し、その後のシステム開発に活かしてもらうという、ソフィア独自の取り組みです。

イクボスとは、社員のワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も保ちつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことです。
自分と組織がともに成長し、チーム力を高めるためイクボス的・マネジメントの活かし方を実践するヒントを得る内容です。

ENTRY

エントリー

エントリーはこちらから