跳03. 平國江里子

挑戦し続けることをモットーに。未来の自分像を目指して歩き続ける。

平國 江里子理系
システム開発本部 資金証券担当 課長
工学部 物質工学科卒

 

銀行同士の取引を支えるシステム開発と保守。プレッシャーの大きさと比例するやりがいがそこに。

大手銀行グループの2つの銀行の本部で使われる市場系システムの開発と保守管理を担当しています。具体的に銀行様が金融市場で取引される際に使われるシステムや、銀行全体の勘定やバランスシートを管理するものです。また、支店のデータを集めて、その中から本部で使うお金や経費を管理するシステムなどにも携わっています。銀行同士の取引となるため、一回の取引額が何百万ドル単位となることが多く、だからこそ何よりも安定稼動させることが重要となります。幸いにしてこれまで大きなトラブルはありませんが、常にプレッシャーは感じています。でも、些細なことでも銀行本部のユーザー様から私宛に直接電話があり、頼りにして下さるのはパートナーとして認められている感じがしてとても嬉しいですね。

金融市場の本場で外国人と一緒に仕事をしたこと。その貴重な経験が、今の自分を作ってくれた。

入社当時は国内で使用しているシステムと同様のものを海外で使用していたため、入社間もない頃から7年間、毎年保守のために海外出張に行っていた時期がありました。ニューヨーク、ロンドン、スイス、シンガポール、香港などいわゆる金融市場の本場と言われるところを巡り、入社2年目でありながら会社の代表として海外の人々と交渉できたことは自分に取って大きなプラスになったと思います。そのおかげで今、海外の人々とやりとりしても緊張せずにコミュニケーションを図ることができています。少々の問題に直面しても動揺しない度胸も、この時に身に付きました。

会社として初めて取り組んだオフショア開発。あの時、手を上げて良かったと心から思う。

そうした貴重な経験をした後、銀行様のクライアントサーバ型システムをWebシステムに更改した案件に、案件リーダーとして参加できる機会に恵まれました。ちょうどクライアントサーバ型システムを使われていた銀行様のクライアントパソコンがサポート切れを迎えるため、その代わりにWebシステムを提案。社内のシステム検討会で、オフショア開発でやってみたらどうか、と役員の方から言われました。当時、前例がなかったのですが、チャンスだと感じた私はその場で「やってみます!」と即答。中国の協力会社からの問い合わせに始まり、進捗管理にいたるまで私と後輩の2人体制で対応しなければならなかったため、非常に苦労したものの、最終的には納期どおり無事稼動させることができました。この時の成功があったからこそ、ソフィアのオフショア開発は本格的に行われ始めたのだと自負しています。そのきっかけをつくれたことはとても嬉しく思っています。

挑戦できるチャンスは積極的に自分のものに。これからもそのスタンスは変わらない。

私のモットーは、常に新しいことをやってみたい、挑戦してみたいというものです。若い人たちにはもっと積極的にチャレンジしたらいいのにと思うことがあります。今、携っている会社内の設備関係を一括管理するシステム設計の案件も話が持ち上がった時に自ら手を上げました。技術指導も兼ねて、新入社員と一緒に進めています。また、オフタイムにはゴルフサークルの幹事もやっています。このゴルフサークルには、役員をはじめ、いろいろな層の人たちが参加しています。これからも、こうしてあらゆることに積極的に参加し、良い人間関係を築き、いつか自分の味方ばかりのホームだけでなく、アウェイな環境でも周りの人を動かし、任務を遂行できるプロのプロジェクトマネジャーになりたいと思います。そんな未来の自分を夢見て、今から胸を高鳴らせています。