跳02. 平山文昭

これまでの歩みの中で見えてきたもの。それを次のソフィアのために活かしたい。

平山 文昭文系
システム開発本部 部長
経済学部 国際経済学科卒

 

銀行員からシステムエンジニアに。基盤系システムの保守管理、更改提案を担当。

銀行員として支店で勤めた後、同銀行のシステム部門へ。当時はシステムのことは全く知りませんでした。そこから勉強をはじめ、紆余曲折はあったものの以来ずっと基盤系システム関連の仕事に携わっています。現在、所属しているシステム基盤部は、基盤開発担当と基盤保守管理担当の2つに分かれており、基盤開発担当はシステムの更改などの大規模案件を、基盤保守管理担当は更改以降の保守維持を主に行っています。私は、その基盤保守管理担当の担当部長です。保守維持を行っているからこそ見える課題があるので、更改時にその改善も併せて提案し、担当同士連携をとりながら設計を手掛けることもあります。

スーパーマンではなく、勘所を押さえられる人に。それこそが今のポジションに求められること。

基盤系の業務は奥が深く、金融情報システムに関するあらゆる知識の習得が必要だと思われがちですが、私はそうは思いません。立場的なものもありますが、それよりも、すべての仕事にはそれぞれ精通したエキスパートがいて、さらに、そのバックグラウンドにシステムを構築するベンダーが居ること、そうした人々から情報を仕入れて、正しく理解し、クライアントである銀行様に正しく説明するということが重要だと感じています。スーパーマンは居ませんし、なろうと思ってなれるものでもありません。任せるべきところは仲間を信頼して任せながら、逃してはいけない「勘所」をきちんと押さえること。それができてはじめて、私も含めてチームのみんなが成長していけるのだと思っています。

実体験から掘り下げて初めて身に付く専門知識。若い人たちにチャレンジできる場を提供したい。

キャリアアップを目指して、本やテキストを一生懸命読み込む人がいますが、「本やテキストだけでは、決して専門知識は深められない」と私は考えています。嬉しいことでも悔しいことでも、実際に自分で経験して、それをさらに掘り下げてはじめて専門知識が身に付くのです。今のソフィアは、物事を真面目にやり遂げる会社で、お客様からもそこが高く評価されているのですが、どちらかというと安全な方を選択しがちです。それは堅実なのですが、面白いか、面白くないか、で常に面白い方を選んできた私にとっては正直少し物足りない。日頃から部下とのコミュニケーションには気を付け、彼らの挑戦を後押ししていますが、今後も一層、自分が先頭に立って、若い人たちが積極的にチャレンジできる環境、そして上手くいかなくても、挑戦し続けられる環境を作ってあげられれば、それこそ“面白い”ですね。

グループシナジーこそが、ソフィア成長の鍵。その成長とともに、自分自身も高く跳び続ける。

現在、NTTデータのグループビジョンを見直すというワーキングに参加させてもらっていますが、参加して初めて同じグループ会社なのにお互いのことをあまり理解していないと実感しました。これは本当にもったいない。横のつながりを深めることで、協業体制を強化し、グループ会社としてのシナジーを活かせば更なる可能性が広がると思います。また、その中で私たちソフィアだからできることも、より明確に伝えることができると思っています。現在、グループ会社のさまざまな人々との出会いを、将来のより良い関係構築につなげられるよう積極的にコミュニケーションを図っているところです。いわば、私自身まだまだ挑戦している最中。ソフィアの新たな成長、そのサポートができるよう頑張りたいと思います。